ABOUT US /中華会舘について

一般社団法人 中華会舘について

1893年3月1日に現在の神戸市中央区中山手6丁目、神戸中華同文学校が建っている西南角に創建されて以来、神戸・大阪の華僑社会における社団の一つとしてその役割を担ってきました。
歴史的にも孫文はじめ、梁啓超・康有為など辛亥革命前後の数多くのキーマンが当時の中華会舘を訪れています。 現在ではトアロードの東京銀行跡地にビルを構えて関帝廟や墓地である神阪中華義荘の管理等を中心として社団の役割を果たしています。

『なぜ会舘なの?』
もともと中国人は同郷人の集会所を会館と呼び、それぞれの出身地名を付けた何々会館というのが数多く設立されています。そして海外における活動が活発になるにつれて、その移住地には中国国内と似たような社団が組織されて会館と名付けられています。私達もそのような例の一つです。ちなみに日本には函館と横浜にも中華会舘(使っている文字と組織形態が違います)があります。 ただ神戸の場合、「中華会舘」と「館」ではなく「舘」と表記しています。

アクセス

一般社団法人中華会舘の外観

650-0011 神戸市中央区下山手通2丁目13番9号

TEL:078-392-2711 FAX:078-392-2811

JR・阪神元町駅東口より徒歩8分
JR・阪急三ノ宮駅より徒歩10分

月極駐車場

保証金は解約時、全額お返し致します。

月極駐車場の価格表

リンクバナーについて

リンクバナーはご自由にお持ち下さい。
リンク先は「http://www.zhonghua-huiguan.com」にお願いします。
また、リンクバナーは加工せずにご利用ください。

《保存方法》
保存したい応援バナーの上で「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」を選び、
保存したい場所を選んで下さい。

PageTOP
一般社団法人中華会館

Copyright © zhonghua-huiguan. All Rights Reserved.

個人情報の取扱いについて